BLOG

償却資産申告書

2019/12/23

税理士の福島です。

 

年末年始にかけて、お住いの(本社のある)地方自治体から、「償却資産申告書」というものが届くことがあります。

 

この申告書の役割を端的に言いますと、

「土地、建物、自動車以外の資産に関する固定資産税の申告書」です。

 

「自分は資産なんて持ってないと思う」という方には、ほとんど関係ない税金です。

 

具体的には、

・機械(PCも含む)

・借りている店舗や事務所の内装、設備

などが対象となります。

 

これらが150万円以上あると、償却資産税(固定資産税)がかかる可能性があります。

 

具体的な書き方をここで書き始めると長くなるので、詳しくは用紙と一緒に届いたパンフレットを参照いただくとして、

 

ここでは、絶対税金が出ない人がどうしたらよいかを解説します。

 

申告書の用紙は、自治体によって多少デザインが違いますが、だいたい右下に備考欄があることが多いです。

 

この備考欄に「該当なし」と記載して、左上の住所氏名などを記載して、自治体に郵送すればOKです。