BLOG

会計ソフトは必ず必要ですか?

2020/01/29

税理士の福島です。

個人事業主の方から、会計ソフトの選び方、使い方について聞かれることが多いのですが「実は使わなくても良いのでは?」と思うケースがあります。

 

 

使わなくても良いと思うケースは次のとおりです。

1)事業が赤字の場合

2)事業の利益が少ない場合

 

【会計ソフトを使わなくて良い理由】

会計ソフトを使う一番の理由は「税金を安くしたい」ということだと思います。

 

会計ソフトを使って正式な帳簿(複式帳簿、正規の簿記の原則に従ったもの)を作ることによって、

 

青色申告特別控除額を増加させて、税金を安くする、という考え方です。

 

ということは、赤字の場合、そもそも安くするための税金自体が発生しませんので、会計ソフトを使っても使わなくても税金は同じです。

 

事業の利益が少ない場合も同様な理由が言えます。

正式でない帳簿(簡易な帳簿)を作った場合、青色申告特別控除額は10万円です。

 

一方、会計ソフトを使った場合、青色申告特別控除額は55万または65万円となります。

 

税金に換算すると、税率が最低ランクの場合で7~8万円程度です。

利益と所得控除の関係でこのあたりは変わってきますが、たとえば利益100万円程度ですと、そもそも7~8万円の税金すらでない可能性があります。

 

つまり、安くするための税金が発生しない規模の場合、会計ソフトを使って税金を安くするというメリットが受けられない可能性があります。

 

開業まもなく、まだ数百万の利益が出る段階にたどりついていない場合には、会計ソフトの使い方を頑張って覚えるより、ひとまず本業を優先したほうが良いと考えられます。